投稿

ビジネスローン 情報局

ビジネスローンを利用する主なメリットは、

  1. 資金調達が早い
    ビジネスローンの最大のメリットは、銀行融資と比較して、審査プロセスから資金提供までの時間が早いという点です。
    銀行融資では、財務諸表などのデータを基に評価を行うだけでなく、経営者との面接や企業訪問による総合的な判断も含むため、審査に時間がかかります。

    それに対して、ビジネスローンではスコアリングシステムを用いて、信用情報や財務諸表などの情報をコンピュータプログラムが自動で評価します。

    迅速な資金調達が必要な状況では、このスピード感が重要です。
    ビジネスローンを利用することで、素早い資金調達が可能になります。

  2. 総量規制対象外
    ビジネスローンは、年収の3分の1を超える借入れが許されない総量規制の対象外というのも大きなメリットです。
  3. 赤字でも資金調達が可能
    ビジネスローンでは、赤字状況でも資金提供を受けることが可能です。
    赤字が続いている場合でも、事業の将来性が見込まれれば審査に通過する可能性があります。
ビジネスローンのご利用を検討されている方にご注意いただきたいことは、ビジネスローン会社の中には手数料が高かったり、広告とは異なり対応が遅かったりと、利用した方とトラブルになるケースも少なくありません。

そこで以下に、本当にオススメできる、安心してご利用いただける優良ビジネスローン会社をご紹介させていただきますのでご参考にして下さい。
【PR】

事業者向け【AGビジネスサポート】

原則無担保無保証・即日ご融資可能

<<ビジネスサポートの特長>>

年会費・保証料無料・・・年会費や保証料などは必要ありません。安心してお申込みいただけます。

保証人・担保原則不要・・・個人事業主様の場合は、その他保証人を立てていただく必要はありません。

資金用途自由・・・事業資金の範囲内で、自由にご利用いただけます。

申込から融資まで来店不要・・・お申込みからご融資までご来店は原則不要です。WEBと郵送で手続きが完了します。

総合評価

公式ページで詳細を見る

GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】

創業期や赤字でも借りられる!融資枠型ビジネスローン

<<【あんしんワイド】の特長>>

金利0.9%~、最大1,000万円の借入限度額・・・融資枠(借入限度額)は最大1,000万円。金利は0.9%~14.0%。審査のうえ決定します。事業資金、運転資金、つなぎ資金などにご利用いただけます。

決算書・事業計画・担保・保証人※不要で審査・・・銀行口座の直近3カ月分の入出金明細等をもとに審査します。そのため、決算書や事業計画書のほか、担保・保証人も不要です。創業初期や前年度が赤字の企業でもお借り入れいただけます。

審査申込~借入まで最短2営業日でネット完結・・・審査申込~お借入まで最短2営業日。 しかも、24時間365日*お申込可能。お手続きは来店不要。すべてオンラインで完結します。

総合評価

公式ページで詳細を見る

法人事業者専用ローン【アクトウィル】
最大1億円まで融資可能!
審査は最短60分
来店不要で全国即日OK

最短即日契約可能です!
只今、新規貸付キャンペーン実施中!!

アクト・ウィルならお申し込みから最短即日融資が可能です

<<アクトウィルが多くの事業主様に選ばれる4つの理由>>

理由1:無担保・無保証
法人契約になるので、代表者様の連帯保証があれば、その他の保証人・担保は原則不要です。

理由2:大口の融資が可能
借入一本化(他社からの借金をアクトウィルにまとめて、借金返済をスムーズにする債務整理法)に注力しています。このような、事業主様にとって健全な事業資金繰りをしていただくため、大口の融資が可能になります。

理由3:即日融資が可能
弊社の自慢はスピーディな対応です。他社よりも迅速に融資実行いたします!

理由4:低金利でご融資
事業主様と多岐にわたるお付き合いを考えています。そのため、事業計画にとって負担にならない【低金利】での融資額を、弊社担当者と事業主様の相談ベースで決定し融資を実行します。

総合評価

公式ページで詳細を見る

圧倒的スピード審査の事業者ローン【ファンドワン】
他社で借り入れ中でもご利用OK

5,000万円まで融資可能!
審査は最短40分
来店は原則不要で全国どこからでもご利用できます
最短即日でのお振込も実行可

「赤字決算」・「ビジネスローンは初めて」・「保証人を用意する事ができない」などでお悩みの事業主様もまずはお気軽にご相談ください。

<<ファンドワンが選ばれる理由>>

理由1:スピードと柔軟性を兼ね備えた審査
最短40分のスピード審査で、急を要する資金問題にも対応できます。
また。弊社独自の柔軟な審査基準を設けておりますので、赤字決算や税金・社会保険料の滞納を理由に、銀行等から融資を断られた事業主様への融資実績も豊富です。

理由2:大口の融資が可能
弊社はビジネスローンをはじめとする不動産担保ローン、売掛債権担保ローンなど多数の商品をご用意しており、大口のご融資にもご対応いたします。

理由3:安心の金利設定
弊社実質年率は2.5%~18.00%に設定しております。
ご相談時に詳しい金利のご説明をいたしますので、返済計画を立てた上でのお申し込みができます。

理由4:他社でご返済中でも幅広い選択肢で対応
銀行や信用金庫といった金融機関のほか、他のノンバンクで借り入れ中であっても条件次第でご利用可能です。
弊社の各種ローンでは複数あるお借入れを「おまとめ」して返済を一本化することが可能です。
おまとめすることで返済額や、管理の手間を軽減することができます。

総合評価

公式ページで詳細を見る


【PR】

第1位 QuQuMo(ククモ)

他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!

売掛金前払いサービス QuQuMo(ククモ)とは?
「お持ちの請求書」を最短2時間でスピーディに現金化する売掛金買取サービスです。

QuQuMoなら、必要情報と請求書をオンライン申請していただくだけで、簡単にお申込いただけます。

来店や面談で、お申込みから契約までオンライン上のクラウドサインで安全に契約完結します。さらに、当社との直接の2社間ファクタリングなので、取引先への通知や登記は一切不要で、請求書の売掛先 に知られることなく資金調達ができます。

弁護士ドットコム監修、クラウドサインでの契約締結なので安心。
情報が外部に 漏れることは一切ありません!

売掛先の倒産リスクも含めてお買取をさせていただきますので、お客様に返済の義務はございません。QuQuMo(ククモ)ではノンリコース【償還請求権なし】での契約になりますのでご安心ください

総合評価

公式ページで詳細を見る

第2位 メンターキャピタル

365日 24時間 全国対応

他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!

Mentor Capitalは、ファクタリングでお客様をサポートいたします。

手数料は最低2%~、
多数買取実績があり、
どこよりも高い金額にて売掛金を買取ります。

<< 選ばれる3つの理由 >>

1、買取実績 業界No.1
  業界最低水準の手数料 買取率最大98%

2、簡単審査 柔軟な対応
  赤字・債務超過・個人事業・税金滞納でもOK!・審査通過率92%

3、業種別適正プラン
  30万円~1億円まで対応

2社間ファクタリングなら取引先に通知不要!!
2社間・3社間ファクタリングや「診療報酬」と「介護報酬」の売掛金買取など様々なご提案が可能です。
お客様の事業に特化したファクタリングサービスで最適な資金調達をサポートいたします。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第3位 CoolPay(クールペイ)

請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ!!

お手元の法人宛の請求書を
最短60分で現金化できます

1.請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ
お手元の請求書・通帳3か月分をスマホカメラで撮影してお送りください。

2.ビジネスに必要な資金をすぐに調達できます
独自のオンライン申込専用の審査基準で スピーディに審査いたします。

3.必要な時に何度でも利用OK
資金繰りが厳しい時に何度でも利用できます。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第4位 チョウタツ王

30万円〜最大1億円まで対応
最短即日で資金調達可能です!

売掛金の売却査定を複数企業へ一括見積もり出来る一括査定サービスです!!

<< チョウタツ王のサービスとは >>
売掛金の売却をスムーズに進められるよう、売掛金売却の一括査定サービスをお客様へ完全無料でご提供することです

売掛金の売却(ファクタリング)は1社だけの査定で決めてしまうのはリスクがあります。
その理由はなぜかというと、ファクタリング会社によって事業者様の業種、エリア、取引内容等、専門性が必要とされる査定には得手、不得手があるからです。

しかし、チョウタツ王を利用することで、一度の査定申込でファクタリング業界をリードする複数の厳選企業へ売掛金売却の査定依頼を行えますので、
最小限の「時間」と「労力」で売掛金売却額の最高値を知ることができます。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第5位 資金調達プロ

10秒で完了!カンタン無料診断で、今いくら資金調達できるかすぐに分かる無料診断フォームを公開中です!!

提携事業者数No.1
資金調達プロの提携事業者数は、国内最多の1,000社以上。
「資金調達」だけに特化した日本初にして日本最大級のポータルサイトです。
日本全国、どちらの地域でも対応しております。

資金繰り改善率93%以上
ファクタリングによるつなぎ資金での資金繰り改善はもちろん、財務コンサルティング後、その他の資金調達も可能。
銀行融資の再開も出来るようになり、多方面での資金調達・経営サポートが可能です。

全国対応
日本全国、どちらの地域でも対応しています。
遠方の経営者様も是非、無料診断をご活用下さい。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第6位 事業資金のミカタ

売掛金を最も良い条件でファクタリングするには・・・
厳選した複数の優良ファクタリング業社に査定をしてもらい、査定金額や内容を比較することがベストです!!

なぜなら、ファクタリング業社によって査定金額も条件も違うからです。

事業資金のミカタを利用すれば、誰でもカンタンに、たった一度の入力で事業資金を最も良い条件で調達できるファクタリング業社が見つかります!!

事業資金のミカタは、「より多く」「早く」「賢く」「確実に」「安心して」事業資金を調達したい方を対象にしたサイトです。

事業資金のミカタでは、専門知識を持った専任スタッフによる相談受付やファクタリング業社選びのアドバイスなども無料でご利用いただけます。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第7位 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

完全非対面で請求書を即現金化

当機構へ請求書を売却し、即現金化することができます。
オンライン契約のファクタリングを利用を利用することにより、「スマホで簡単に即現金化できた」など、資金繰りにお悩みがあった企業様のサポートを実現いたしました。

資料提出や契約はすべてメールで完結するため、迅速な取引が可能です。
お申込みから最短3時間以内でお振込みが完了します!

<< 業界最低の手数料1.5%~ >>
オンライン契約で業務を効率化することにより、無駄なコストを削減し業界最低手数料1.5%~を実現しました。

<< 今後の取引に悪影響なし!売掛先の承認不要!! >>
利用社と当機構の2社間で契約をするため、売掛先へファクタリングを利用する承認が不要です。
今後の取引に悪影響が出る心配がありません。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第8位 いーばんく
審査通過率90%以上!!来店不要!郵送ファクタリング実施中!

資金の調達をしたくても借りられない中小企業の社長も、ファクタリングなら調達可能。審査が通らない方もお気軽にご相談ください!

・ファクタリングの平均調達日数が2.3日ですが、最短即日で取引完了します。手続きを代行して進めるためのスピード入金を実現できます。

お電話・メールどちらでも問題ございませんのでお気軽にご連絡ください。24時間対応可能です。

・全国どこからでもお申込みいただけます。遠方の方でもスピード感のある対応が強みです!

総合評価

公式ページで詳細を見る

第9位 PayToday

AI審査で手軽に資金調達!

お持ちの⼊⾦待ちの請求書(売掛⾦)を売却して、事業に必要な資⾦をオンラインのみで即日調達可能ですので、面談も対面も必要ありません。

2社間ファクタリングで取引先への通知不要

初期費用も月額費用も完全無料!かかるのは、ファクタリング手数料:1〜9.5%のみ。わかりやすい料金です。

書類の届出もオンラインで完結。AI審査で面談不要。全国どこからでもファクタリング可能です。

法人はもちろん、個人事業主・フリーランス、様々な業種、開業すぐの方もOK。フレキシブルに対応いたします。

総合評価

公式ページで詳細を見る

第10位 LINK

LINKのファクタリングは
事業主様が保有している入金待ちの請求書を、素早くお買取り資金化いたします!
必要資料をアップロードするだけで、誰でも簡単にお申込みいただけます!

LINKのファクタリングは、柔軟な審査と業界最速級のスピードが最大の特徴です。
お申込みと同時に必要資料をアップロード後、最短2時間で資金化が可能となった、オンライン完結型の新たなファクタリングサービスです。

弁護士ドットコム株式会社が運営する弁護士監修の「クラウドサイン」サービスを用いて電子契約を締結するから安心!!
万全なセキュリティー対策がなされたクラウドサイン契約システムを使用する事により、情報が外部に漏れることは一切ありませんので安心してお使いいただけます。

総合評価

公式ページで詳細を見る

貸金業法の目的は何ですか?

貸金業法の目的は、消費者を保護し、貸金業者による適正な資金の貸し付けや取引を促進することです。

貸金業法の目的の詳細

貸金業法は、借り手である消費者が公平かつ適切な条件で資金を借りることができるようにするために制定されています。
具体的には以下のような目的があります:

  1. 劣態の消費者を不当な利率や不利な条件下での借り入れから保護すること。
  2. 貸金業者が適正なリスク評価を行い、借り手の返済能力を適切に判断すること。
  3. 貸金業者が適正な貸借契約を提供し、不当な取引条件を防止すること。
  4. 借り手が適切な情報を得ることで、貸借契約に理解を持ち、適切な判断ができるようにすること。
  5. 業界全体の透明性と公正性を確保し、違法な金融活動や悪質な貸金業者の存在を排除すること。

貸金業法の根拠

貸金業法は、1972年に制定されました。
これは国内外の金融危機に対する対策の一環として、金融安定対策基本法の一部として制定された法律です。
貸金業法は、金融取引の適正化と安定化を図るために、貸金業者に対して一定の規制と監督を行うことを目的としています。

貸金業法はどのような業者を対象としていますか?

貸金業法に関する対象業者について

貸金業法(きんりんぎょうほう)は、日本の金融業を規制する法律です。
この法律は主に貸し付け業者を対象としています。
以下のような業者が貸金業法の対象となります。

1. 銀行

銀行は、貸金業法の対象であり、貸金業を営む際には法律に基づく規制を受ける必要があります。
銀行の貸金業は、預金利息や融資によって収益を得ることが一般的です。

2. 貸金業者

貸金業者は、貸付業務を主な業態として営む企業や個人を指します。
具体的には、消費者金融やクレジットカード会社、ローン会社などが該当します。
これらの業者は、貸金業法の下で厳しい規制を受ける必要があります。

3. 信販会社

信販会社も貸金業法の対象となります。
信販会社は、商品やサービスの購入代金を分割払いで返済するシステムを提供することが主な業務です。
貸金業法は、信販会社の貸金業務にも適用されます。

4. リース会社

リース会社も貸金業法の対象です。
リース会社は、資産(機械、車両など)を貸し出し、定期的なリース料を受け取ることで利益を得る業態です。
貸金業法の下でリース業を営む場合、規制を受ける必要があります。

5. ファクタリング会社

ファクタリング会社も貸金業法の対象となります。
ファクタリングは、企業が買掛金を買い取って返済を行なうビジネスモデルであり、中小企業の資金繰り支援に活用されます。
貸金業法は、ファクタリング業にも適用されます。

以上が貸金業法の対象業者として挙げられる主な例です。
これらの業者は貸金業法の下で適切な運営や規制を行なう必要があります。

貸金業者はどのような取引が制限されていますか?

貸金業法における制限事項

一般的な制限事項

  • 貸金業者は、貸金業法に基づく登録・許可を受ける必要があります。
  • 貸金業者は、無登録・無許可で貸付を行うことは禁止されています。
  • 貸金業者は、貸付利率の制限を受けます。
    具体的な制限は消費者金融業法や利息制限法によって定められています。
  • 貸金業者は、顧客の借入能力を適切に評価し、貸付の適切性を確保する責任があります。
  • 貸金業者は、借入者に対して正確かつ適切な情報提供を行う必要があります。
  • 貸金業者は、遵守すべき広告基準があり、誤解を与えるような広告は禁止されています。
  • 貸金業者は、借入者のプライバシーを遵守し、個人情報の漏洩を防止する措置を講じる必要があります。
  • 貸金業者は、無理な取立てや過剰な請求を行うことは禁止されています。

特定の制限事項

  1. キャッシング業(消費者金融業):利息制限法に基づき、年20%までの金利制限があります。
  2. 融資業:公益社団法人日本典当業中央会の規約に基づき、典当業務を行います。
  3. クレジットカード業:貸金業法の規定に従い、信用供与やカード利用に関する規制があります。
  4. 質屋業:公益社団法人日本典当業中央会の規約に基づき、典当業務を行います。
  5. ファクタリング業務:金商法に基づき、売掛債権の譲渡や買戻しに関する規定があります。

根拠

  • 貸金業法(第32条):貸金業者は登録または許可を受けた者に限り、貸付を行うことができる。
  • 貸金業法(第26条):貸付利息制限を定めており、適正な金利を超えることはできない。
  • 貸金業法(第13条):貸金業者は借入者の信用力や返済能力を適切に評価する責任がある。
  • 貸金業法(第16条):貸金業者は正確な情報提供を行う必要があり、広告において誤解を与えることは禁止されている。
  • 貸金業法(第17条):貸金業者は借入者のプライバシーを遵守し、個人情報の漏洩を防止する措置を講じる必要がある。
  • 貸金業法(第53条):貸金業者は取立て手続きにおいて無理な取り立てや過剰な請求を行ってはならない。
  • 利息制限法(第3条):金利制限は年20%までと定められている。
  • 金商法(第2条):ファクタリング業務について金商法によって規定がされている。
  • 公益社団法人日本典当業中央会の規約:典当業務においては公益社団法人日本典当業中央会の規約に従う必要がある。

貸金業法は借り手の権利と保護措置をどのように保障していますか?

貸金業法における借り手の権利と保護措置について

1. 貸金業法とは

貸金業法は、日本における貸金業の適正な運営を保障するために制定された法律です。
この法律は、金融機関や融資会社などの貸金業者に対して、適切な審査や貸付条件、借り手の権利の保護などを定めています。

2. 借り手の権利と保護措置

貸金業法では、借り手の権利と保護措置を以下のように保障しています。

  • 情報開示の義務: 貸金業者は、借り手に対して貸付の条件や利率、手数料などの情報を明示する義務があります。
    これにより、借り手は事前に貸付の詳細を把握し、自己の利益を守ることができます。
  • 適正な審査: 貸金業者は、借り手の信用状態や返済能力を審査する責任があります。
    これにより、借り手は自身の経済状況に応じた貸付を受けることができます。
  • 利息制限の規制: 貸金業法では、一定の範囲内での利息制限が設けられています。
    これにより、借り手は過剰な利息による負担を軽減することができます。
  • 契約内容の明確化: 貸金業者は、契約内容を明確にすることが求められています。
    契約書や重要事項説明書には、貸付条件や返済スケジュールなどが詳細に記載されることで、借り手は自己の権利を保護することができます。
  • 解約・返済に関する保護措置: 貸金業法では、借り手が貸付を解約する際や返済に困った場合にも保護措置が取られています。
    例えば、解約手数料の制限や債務再編の手続きなどがあります。

これらの保護措置により、借り手は自身の権利を守りながら貸付を受けることができます。

3. 根拠

貸金業法における借り手の権利と保護措置の根拠は、主に以下の法律文書です。

  • 貸金業法(昭和32年法律第32号): 貸金業に関する一般的な規定や貸付条件、借り手の権利・保護措置などが明記されています。
  • 貸金業法施行規則(昭和32年政令第178号): 貸金業法の具体的な実施方法や詳細な手続きなどが規定されています。
  • 重要事項説明書等の様式及び作成方法に関する指針: 貸金業者が借り手に提供する重要事項説明書の作成方法や様式が定められています。

これらの法律文書が借り手の権利と保護措置を保障しており、貸金業者はこれらの法律を遵守することが求められています。

貸金業法を違反した場合にはどのような罰則が設けられていますか?

貸金業法違反の罰則

貸金業法違反は、日本の金融業界において重大な問題となります。
この法律の違反は様々な行為や要件の不履行によって引き起こされる可能性がありますが、具体的な罰則は以下のように定められています。

1. 民事上の罰則

貸金業法違反によって発生する民事上の罰則は、主に取引関係者である金融業者と顧客との間で生じる可能性があります。
以下は代表的な民事上の罰則です。

  • 契約破棄: 貸金業法違反が相手方の信用を損なった場合、契約は無効とされることがあります。
    この結果、金融業者は必要な金額を回収できなくなる可能性があります。
  • 損害賠償請求: 貸金業法違反によって顧客が損害を受けた場合、顧客は金融業者に対して損害賠償を請求することができます。
  • 差し押さえ命令: 貸金業法違反によって生じた損害賠償請求に対して、金融業者が支払いを拒否した場合、顧客は差し押さえ命令を申請することができます。

2. 刑事上の罰則

貸金業法違反は一定の重大性が認められる場合には刑事罰が科されることもあります。
具体的な刑事上の罰則は以下の通りです。

  • 懲役: 金融業者が重大な貸金業法違反(例: 違法な金利設定や虚偽の広告)を行った場合には、最長で10年の懲役刑が科されることがあります。
  • 罰金: 金融業者に対しては、最大で1億円の罰金が科されることがあります。
    金額は違反の程度や損害の範囲に応じて決定されます。
  • 業停止または免許取り消し: 金融業者が軽微な違反を繰り返した場合には、業務の一部停止や免許の取り消しの措置が取られることがあります。

これらの罰則は、貸金業法が保護する顧客の権利を守るために設けられています。
金融業者はこの法律を遵守し、適切な取引を行うことが求められます。

【参考文献】
貸金業法 第23条、第26条、第29条、第42条、第50条、第51条、第57条、第58条、第59条、第61条、第70条、第71条
(出典: e-Gov法令検索)

まとめ

貸金業法の目的は消費者の保護と貸金業者の適正な取引の促進です。詳細としては、消費者の劣態を保護し、貸金業者がリスク評価と適切な貸借契約を行うこと、借り手が適切な情報を得て適切な判断ができるようにすること、業界全体の透明性と公正性を確保することが含まれます。また、貸金業法は銀行、貸金業者、信販会社などの業者を対象としています。